トゥルーロールパター、『Tarzan』に掲載されました


トゥルーロールパター、『Tarzan』に掲載されました

バイヤーの山本です。

2015年3月よりアトミックゴルフが、日本国内の総代理店をしている トゥルーロールパターが
本日発売のターザンに掲載されました!

^197A6F92F3DB700D62C211B54CF4CCED0678F584AA3320FA53^pimgpsh_fullsize_distr

これまでもゴルフ関連雑誌には数誌に掲載していただいていましたが異業界の雑誌に掲載していただくことは初めてです。
仕入れを担当している者としては知名度が上がったようで嬉しい限りです♪

改めてこのトゥルーロールパターのメリットをお伝えすると

トゥルーロールパター
1.ユニークな見た目
数多くのテスト結果と開発者の長年の経験を基にし、機能的にデザインされた結果、一目で一般的なパターとは異なることが分かる、見た目が大変ユニークな円柱型ヘッドのパターとなりました。
シンプルな形状ですが、既存のパターとは一線を画した形状に、初めて目にする方の好奇心を掻き立てます。

2.安定したロフト
一般的なパターには、3度前後のロフト角が設定されています。インパクト時のロフト角は、直進性と転がる距離に大きく影響を及ぼします。
しかし、多くのゴルファーは正確にパッティングを行うことが出来ないため、同じ角度でボールとフェースを当てることが出来ません。
「Tru-Rollパター」は、ヘッドが円柱型であるため、インパクト時もボールとの接触角度が一定になります。
転がりが安定しないアベレージゴルファーのパッティング。その要因になっているロフト角の問題を、「Tru-Rollパター」は解決します。

3.優れた打球感
通常、パターを始めゴルフクラブの打球感は、フェース裏の厚さに大きく左右されます。フェース裏の厚みが厚ければ柔らかな打球感になりやすく、薄いフェースは不用意に弾いたり、硬い打球感になりやすい特性を持っています。
「Tru-Rollパター」は円柱型のヘッドのため、ヘッドの円柱の直径がフェース裏の厚みとなり、非常にソフトな打球感を得ることが出来ます。
打球感の柔らかさは、パッティングの距離感を掴むのに非常に重要なポイントとなります。

この3つが大きなポイントです!

おかげさまで累計販売本数も1,000本を越える勢いで広まっています!
この転がりの良さをぜひ体感したい、ショートパットを改善したいという方はこちらまで↓↓↓

『ショートパットを改善』するトゥルーロールパターはコチラ⇒
『トゥルーロールパター特集ページ』

実際に試打している様子はこちら⇒『トゥルーロールパター試打動画』

1番人気はシルバーヘッドのクランクネック⇒『トゥルーロールTR-iクランクネックパター』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)