キャロウェイゴルフ最新ウェッジ!マックダディ2 PMグラインドをコースで使用してみました!


先月に発売したばかりのNEWウェッジ、キャロウェイマックダディ2 PMグラインドウェッジ。

レフティのプロゴルファーで人気のあるなフィル・ミケルソン選手が監修したウェッジとなっていて、フェース面すべてがスコアラインとなっている独特な形のウェッジとなっています。

初めて画像で見た時から気になって、ついつい購入してしまいました!

そして、その2日後にゴルフが控えていたので、コースで実際に使用した感想をご紹介したいと思います。

20150710-125751.jpg

 

スタート前の練習場で初めて打ってみました。

今回はフェース面全てにスコアラインが入っていることと、もう一つの特徴である4つの穴。

ここの穴部分の重量が無い分、重心がフェース面上部にいくので、ボールとの接地時間が長くスピンが掛かりやすいのが狙いになっているような印象です。

打感は非常にマイルドで、マックダディ2の初期よりも感触はいいように感じました。

20150710-125800.jpg

 

今回購入したのは、ロフト58°/10°にしました。

購入前はボーケイSM4のUSモデル(58°/12°)を約3年間使用していましたが、使い込んでフェースがボロボロになりだしていたこともあり、今回のPMグラインドにチェンジしました。

写真だと、少しわかりづらいかもしれませんが、ソールの真ん中が窪んでいます。
マックダディ2のUグラインドでありましたが、そこまで大きく窪んでいるわけではありません。

20150710-125809.jpg

今年ラウンドする日の70%は雨と言っていいぐらいの雨男ですが、今回も見事に雨がポツポツと降っている中でのスタートとなりました。

スタートホールからPMグラインドを使う機会が無くほとんど使う場面がありませんでしたが、スタートして7ホール目にしてようやく使用してみようという場面に遭遇しました!

20150710-125818.jpg

 

残りの距離が40yぐらいの距離でハーフスイングでいつものようにボールを打つと・・・
「ザクッ」とヘッドが地面に突き刺さり、グリーンの手前5yにショートしてしまいました。
はじめ「・・・?」となぜそうなったのか原因が分からないまま、気を取り直してパターで寄せました。
何だったんだろう?と考えながらも次のホールでまた使う場面となり、「次こそは!」と意気込んで打ったものの、またもやザックリ・・・。

結局それからPMグラインドウェッジでのアプローチが分からなくなり、スコアもズルズルと崩れ、18ホール「OUT41、IN41の82」で終了しました。

PMウェッジを実際に使った感想は、少しでもボールの手前から入ってしまうとザックリをしてしまう、今の自分にはとても難しいクラブだなと感じました。

その日のアプローチの傾向で少し上から落として打ってしまっていたのが原因だったかな?とラウンドが終わってから思いました。
あまり上から落としたりせずアプローチをされる方には違和感なくご使用していただけるかもしれません。

ウェッジで今まで悩んだことはあまりありませんでしたが、今の自分の打ち方では少し練習をして慣らしていく必要があるクラブでした。

綺麗に当たった時は、しっかりとフェースにボールが乗っている感触もあり、フェースにボールの欠片が付いていたりしてたので、使いこなせれたらいい武器となりそうです。

どうすれば思ったようにうまく打つことができるのか?探すのもまた楽しみなので、練習場で色んな打ち方をして次のラウンドで活かせれるように頑張ってみたいと思います。

 

キャロウェイゴルフHPはコチラ⇒『キャロウェイゴルフ公式サイト
マックダディ2 PMグラインド商品一覧はコチラ⇒『アトミックゴルフ本店
その他ウェッジ商品はコチラ⇒『アトミックゴルフ本店ウェッジコーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)