グランプリワンミニッツG57を試し打ち!

グランプリワンミニッツG57を試し打ち!

第2回ゴルフ部ラウンド!

今回は前回と違い天候にも恵まれ、いい天気の中ラウンドができました。
前日にもグランプリのコンペに参加させていただき、プロテストも受けてる
研修生(なんと18歳!!!)と一緒にラウンドしてきました!

img_2546
当たり前ですけど、やっぱり上手ですごく参考になりました^^

今回のラウンドではその、グランプリの新商品、ワンミニッツG57を試打してきました!

グランプリといえばトップアマが使う上級者向きのドライバーと思われがちですが
このG57はつかまりもよく、強弾道が打てる設計になっています。

img_2549

実際に打ってみると、強い弾道で前に進む推進力が強く、距離も伸びている印象を受けました。
スピン量が少ないので、吹き上がりで飛距離ロスをしている方や、弾道が上がりすぎと
感じている方には非常におすすめのドライバーです。

このワンミニッツは品薄でなかなか入荷の予定もありませんが、入荷次第サイトに出していきます!

グランプリの商品ではシニアゴルファーにも人気の高反発ドライバー、姉妹ブランドである、
よりやさしさとかっこよさを追求したエミリッドバハマを販売しております!

ぜひグランプリの飛距離性能を体感してください!

グランプリ製品はこちら⇒『愛媛県の地クラブ、グランプリ』

エミリッドバハマの商品はこちら⇒『グランプリ姉妹ブランド、やさしさのエミリッドバハマ』

アトミックゴルフ本店はこちら⇒『アトミックゴルフ本店』

寒い季節でもラウンドに行くとやっぱり楽しいですね。

img_2544
年末年始もお気に入りの道具でゴルフを楽しみましょう♪

話題のエアロバーナーミニドライバーをゴルフ場で試打!

アトミックゴルフの池田です!

朝晩が涼しくなり秋の訪れとともにゴルフに最高の季節がやってきました!

そこで先週ゴルフに行ってきました!当日は晴天で気持ちの良いラウンドができました!
やはりゴルフは気持ちがいいですね♪

kimg0598

続きを読む

グローレFドライバーとグローレF2ドライバーの比較

グローレFドライバーとグローレF2ドライバーの比較

アトミックゴルフの梅本です。

2016年の10月発売予定のテーラーメードゴルフのグローレF2ドライバーを試打してきました。

グローレF2ドライバー

 

写真の左側が旧グローレFドライバーで、

写真の右側が新グローレF2ドライバーになります。

 

ソールからも判断できるように、

ソール前方にあるスピードポケットが、前作よりも長くなっていることと、

溝の深さも深くなっています。

これにより、特にフェース下部の反発性能が高まったようで、

飛距離性能もアップするようです。

 

クラウン部分の写真が無いですが、並べてみると瓜二つです。

 

ただ、

フェースアングルは、グローレF2ドライバーの方が、

旧モデルに比べてストレートになっています。

フェースアングルはストレートになっていますが、

ボールの捕まりは、新重心デザイン設計によって、重心アングルが大きくなっており、

楽に捕まる!という印象でした。

 

ロフト角表示も変更になります。

旧モデルは10度、11度、12度でしたが、

グローレF2ドライバーは、9.5度、10.5度、11.5度という表示になります。

 

シャフトは、純正カーボンシャフトの硬さSで打ち比べてみました。

グローレF2ドライバー → GL6600カーボン/重量53グラム/トルク4.1

旧グローレドライバー → GL3300カーボン/重量56グラム/トルク3.8

スペック的には、グローレF2ドライバーの方が、軽く、易しくなっていますが、

実際に振ってみると、やはり旧グローレのシャフトの方が、しっかり感があり、

少し硬めに感じました。

 

打感、打音は、ほとんど同じように感じましたが、

ややグローレF2ドライバーの方が、音が高く、心地いい打球音でしたが、

その代わりに打感は、少し硬い感じがしました。

 

今回、グローレFドライバーグローレF2ドライバーの比較として、

個人的には、グローレF2ドライバーの方が、フェースアングルがストレートで構えやすくなり、

ボールの捕まりも重心アングルとシャフトの易しさで楽になっていたので、

『楽に飛ばせるドライバー』に仕上がっていると思います。

 

テーラーメイドゴルフのドライバー一覧はコチラから!

スリクソンNEW Zシリーズを試打!ダンロップ新商品展示会へ行ってきました!

アスリートゴルファーからトッププロまで幅広い方からご使用されているダンロップスリクソンシリーズ。
ダンロップ展示会に参加をさせていただき、9月発売予定のNEW Zシリーズを試打体感させていただきました!

新しいカスタムシャフト装着したもので打つことができたので、シャフトの感想も交えて書かせていただきます。

20160723-095507.jpg 続きを読む

パワーはあるけどスライスが・・・曲がりを抑えたい!

パワーはあるけどスライスが・・・曲がりを抑えたい!

バイヤー山本です!

いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます!
商品ページとはちがった側面で皆様に情報をお伝えしていければと思います。
今回も早速試打した商品をご紹介いたします。

今回はワークスゴルフ ハイパーブレードシグマ ドライバーです!

68203_1_expand

ワークスゴルフといえば、設計者の方がドラコン大会に出場するなど日々飛距離への
追求を行っているメーカー様です。

私も個人的にワークスゴルフのドライバーは大好きです。
お客様のレビューにもコストパフォーマンスの高い良いドライバー、
個性的なデザインがほかと違いが出せて良い、など良い声を頂いています。

今回のハイパーブレードシグマドライバーはそんなワークスゴルフの2015年新製品です!
では、試打結果を早速レポートしていきます!

まず打感ですが、打った感触がしっかり手に伝わる打感になっています!
フェースのどの部分に当たっているか、飛距離への手ごたえを感じ取れるドライバーです。

また、打球音も独特の音で、ボールを潰して飛ばしているということを感じ取れます。
打感でも打球音でも飛距離が伸びる良いイメージを持てるドライバーといえます。

試打の様子はこちら↓↓↓


このドライバーの特徴はソール前方に配置された2つのウェイトです。
このウェイトは調整が可能になっており、弾道の高さに影響します。

1506-aizv03

私の場合はバックスピンは少なかったのですが、最高到達点が36.7ヤードと高い弾道で
飛ばせています。弾道が上がらない方は重たいウェイトにすることで低重心になり、
もっと楽に高弾道を打つことができるようになります。

試打の結果はこちら↓↓↓

1506-aizv

また、スライサーにやさしい、つかまりが抜群の設計になっています。
私自身はスライサーですので、打つとやはりスライスは出てしまうのですが、
曲がりの幅を抑えてくれるので飛距離ロスをせずにすみます。

このドライバーのおすすめゴルファーとしては

・スライスを抑えて飛距離を伸ばしたいゴルファー
・吹き上がりを抑えた強い弾道で飛ばしたいゴルファー

となっています。パワーはあるけど曲がってしょうがない、という方にも
もってこいのドライバーです!

次回はハイパーブレードシグマドライバーの高反発モデルを打ってみたいと思います!
お楽しみに!

◆ハイパーブレードシグマドライバーはこちらから

◆ワークスゴルフのその他商品はこちら

◆ワークスゴルフ公式HPはこちら