ドットビーNEWパターをラウンドテスト!

ドットビーNEWパターをラウンドテスト!

アトミックゴルフアドバイザーの山本です。

先週の土曜日に遅ればせながら、2017年の初ラウンドに行ってきました。
アトミックゴルフ社内ゴルフ部の2017年初ラウンドでもありました。

ちなみに、この日は弊社が運営するゴルフステーション新宿がリニューアルオープンの日でした!
新宿駅より徒歩2分!駅チカでかなり便利になりました!しかも最安値でレッスン受け放題です!
renewal2-img1

ゴルフステーション新宿byAtomicGolf⇒『リニューアルオープン』

当日はスタート前は小雨もちらつき、天気が怪しい感じでしたがスタートしてからは
快晴で気温も上がり、絶好のゴルフ日和になりました。
やはり天気が良く温かい日のゴルフは最高ですね。そういう季節ももうすぐそこまできてますね!

毎回ラウンドでは商品を実際に使用してインプレッションを行っていますが、今回はこちら!

IMG_2802
当店オリジナルブランド『.B』(ドットビーと読みます)の新商品パターを使用してきました!

今回使用したパターは#6のセンターシャフト。ソールに刻印されたドットの赤い部分がポイントです。
ボールのセットするポジションを5段階に分けているのを表していますが、このパターは真ん中よりやや左足寄りにセットするといいパターですので2番目のドットが赤く示されています。

ボールポジションのアドバイスを目で確認できるので、すごく意識がしやすいです。
構えて見た上からの様子はこういう感じです。

IMG_2803
ヘッド重量は365gの設定です。一般的なパターと比較するとやや重ための重量設計で
ストロークの安定感や、ヘッドのブレがほとんど出ずに安定してパッティングができます。

実際に使用してみた感想ですが、まず1番驚いたのが転がりの良さです。
ラウンド前日は雨がかなり振って、当日の朝まで降っていたのでグリーンは重たいはずですがそれでも抜群に転がって、練習グリーンで距離感をつかむのに一苦労でした。
ただラウンドではショートパットがなくなり、最後の一転がりでカップインということもありましたので、パッティングの向上にかなり貢献してくれます。

またセンターシャフトで、ボールを左足寄りで構えるため、右へのプッシュアウトでのミスがなくなります。
逆に引っかけることも少なく、目標方向にさえしっかり構えれば思い通りの打ち出しが楽にできます。

IMG_2805

打球音、打感ですが、このパターはインサートのないタイプでフェースにはミルド加工がされています。
ですので、打球音は高くなく、コツンとしたしっかりとした打感になっています。
やわらかすぎて、いまいち距離感がつかめないということもなく、手に伝わる感触で自分のパッティングがわかるような印象でした。
ちなみにこの日は高反発ボールも何種類かテストで打っていたのですが、このパターは高反発ボールでパッティングするとさらに転がりよくなります。転がりもそうですが、高反発ボールですのでよく弾いているのか思った以上に転がってしまいます。

ですので、ラウンド前は練習グリーンで試してみられるのがおすすめです。

もう間もなく当店で発売予定となっています。
またサイト内で反映次第、新着情報にあげたいと思いますのでぜひチェックしてください。
ショートパット、プッシュアウトといったパターのお悩みのあるゴルファーにおすすめのパターです。

また次回のラウンドでも気になる商品をテストしてみたいと思います。

オリジナルブランド『ドットビー.B』の商品はこちら⇒『ドットビー』

一足お先にパターカバーが登場⇒【総刺繍のカバー】 ドットビー パターカバー

最後に、本当にお得ですのでもう1度宣伝させてください!
ゴルフステーション新宿はリニューアルオープン記念で様々なイベントを開催中です!
新規入会キャンペーンは初月レッスン料0円!入会金0円!グローブプレゼントとお得尽くしです!

renewal2-img2
レッスンでゴルフ上達を目指したいという方はぜひお越しください^^

ゴルフステーション新宿byAtomicGolf⇒『リニューアルオープン』renewal-img1

 

スコッティキャメロン最新作がベールを脱ぐ!キャメロン&クラウンが新登場!

アトミックゴルフの池田です!

スコッティ・キャメロンの最新作『キャメロン&クラウン』が入荷しました!

今回のモデルは33インチ専用!通常10グラムや15グラムのウェイトが装着されていますが、このキャメロン&クラウンは20グラムが装着され、短尺パターのニーズが増えてきている中で33インチを好むプレーヤー向けにセッティングされています。

これってまさしく日本人にピッタリの長さではないでしょうか!

スコッティキャメロンでの売れ筋である4タイプを数量限定でラインナップされております!article_850x469_4519_1473250379

それではさっそく見ていきましょう! 続きを読む

グリーンの速さって??|アトミックゴルフのゴルフ部ラウンドにて

グリーンの速さって??|アトミックゴルフのゴルフ部ラウンドにて

 

 

アトミックゴルフの梅本です。

 

これは、先日アトミックゴルフのゴルフ部でゴルフのラウンド前の一コマです。

池田アドバイザーのパッティング練習です。

 

やや登りのフックラインですが、動画を見てのとおり、結構転がっています。

 

この日の、グリーンの速さ11.0フィートでした。

 

結構、速いです!

 

ちなみに、わたくし梅本は、この日は3パットが7回もありました笑

 

ゴルフのプロのトーナメントでも、

よく今日のグリーンの速さ、仕上がりは12.0フィートです。や、

13.0フィートです。なんて言い方をしますが、

これがどういうことかご存知でしょうか?

 

ゴルフのグリーンの速さを計測するものは・・・↓

スティンプメーター|ゴルフ

 

上記のような器具を使って、ゴルフボールを転がして計測します。

この器具を『スティンプ・メーター』といいます。

 

グリーンの出来るだけ平らなところで多方向から転がして計測します。

 

ですので、グリーンが速ければ速いほど、よく転がります。

 

一般的なゴルフ場のグリーンの速さは、大体8.0~9.0フィートほどです。

 

プロゴルファーのトーナメントでのグリーンでは、これが11.0~13.0フィートくらいになります。

 

先日、松山英樹プロが優勝した日本オープンの時のグリーンの速さは、

何とビックリ、13.5フィートでした!!

 

普通のアマチュアゴルファーでは、まず体験することがない速さです。

 

毎年4月に行なわれる、マスターズでも、大体12.0~13.0フィートです。

 

ただ、速いグリーンに仕上げる為には、リスクも伴います。

 

グリーン場の芝を、短く刈り、グリーンを硬くする必要があります。

 

そうすることで、グリーンや芝には、相当なダメージがかかります。

 

ですので、通常のアマチュアがゴルフをするグリーンでは、

多くのゴルファーがグリーンを使いますし、それだけでもダメージが大きく、

プロのトーナメントのような速さにすることは、なかなかできないのです。

 

速いグリーンが苦手な方(私も含めて)、

好みもあると思いますが、フェースに何らかのインサートが入った、

打感の柔らかいパターの方が、タッチが合わせやすいと言われています。

 

今月、発売になったオデッセイの、

『ミルドコレクション TX パター』は、

フェースにツアープロにも根強い人気のWHITE HOT インサートが装着されており、

打感も柔らかく、速いグリーンにオススメのパターです!

ミルドコレクションTXパター#2  %e3%83%9f%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3tx2m

 

オデッセイ ミルドコレクション TX パターのページはコチラをクリック!

 

今が、ゴルフをするにはベストシーズンです!

 

是非、ゴルフ場に足を運んで、ゴルフライフを楽しんでください!

トゥルーロールパター、『Tarzan』に掲載されました

トゥルーロールパター、『Tarzan』に掲載されました

バイヤーの山本です。

2015年3月よりアトミックゴルフが、日本国内の総代理店をしている トゥルーロールパターが
本日発売のターザンに掲載されました!

^197A6F92F3DB700D62C211B54CF4CCED0678F584AA3320FA53^pimgpsh_fullsize_distr

これまでもゴルフ関連雑誌には数誌に掲載していただいていましたが異業界の雑誌に掲載していただくことは初めてです。
仕入れを担当している者としては知名度が上がったようで嬉しい限りです♪

改めてこのトゥルーロールパターのメリットをお伝えすると

トゥルーロールパター
1.ユニークな見た目
数多くのテスト結果と開発者の長年の経験を基にし、機能的にデザインされた結果、一目で一般的なパターとは異なることが分かる、見た目が大変ユニークな円柱型ヘッドのパターとなりました。
シンプルな形状ですが、既存のパターとは一線を画した形状に、初めて目にする方の好奇心を掻き立てます。

2.安定したロフト
一般的なパターには、3度前後のロフト角が設定されています。インパクト時のロフト角は、直進性と転がる距離に大きく影響を及ぼします。
しかし、多くのゴルファーは正確にパッティングを行うことが出来ないため、同じ角度でボールとフェースを当てることが出来ません。
「Tru-Rollパター」は、ヘッドが円柱型であるため、インパクト時もボールとの接触角度が一定になります。
転がりが安定しないアベレージゴルファーのパッティング。その要因になっているロフト角の問題を、「Tru-Rollパター」は解決します。

3.優れた打球感
通常、パターを始めゴルフクラブの打球感は、フェース裏の厚さに大きく左右されます。フェース裏の厚みが厚ければ柔らかな打球感になりやすく、薄いフェースは不用意に弾いたり、硬い打球感になりやすい特性を持っています。
「Tru-Rollパター」は円柱型のヘッドのため、ヘッドの円柱の直径がフェース裏の厚みとなり、非常にソフトな打球感を得ることが出来ます。
打球感の柔らかさは、パッティングの距離感を掴むのに非常に重要なポイントとなります。

この3つが大きなポイントです!

おかげさまで累計販売本数も1,000本を越える勢いで広まっています!
この転がりの良さをぜひ体感したい、ショートパットを改善したいという方はこちらまで↓↓↓

『ショートパットを改善』するトゥルーロールパターはコチラ⇒
『トゥルーロールパター特集ページ』

実際に試打している様子はこちら⇒『トゥルーロールパター試打動画』

1番人気はシルバーヘッドのクランクネック⇒『トゥルーロールTR-iクランクネックパター』