koshiraeウェッジの、モデル『松』をラウンドテストしてきました。

koshiraeウェッジの、モデル『松』をラウンドテストしてきました。

bb5cc32a935e596170e479f24caa2ffe
天気は朝から生憎の雨。
アプローチでもショットでも、ちょっとでもボールに厚く入ると突っかかって抜けないので、とても苦手です。

前々日の練習では、アプローチの練習に時間を割きましたが、スタート前から不安を感じていました。

今回のコシラエ『松』ウェッジは、シャフトはNS950GH Sフレックス。
ピッチエンドランでの寄せを考えて、ロフトは51度です。

f6917b105e508fea2fd360bab6b6485b

今回のラウンドの前に、サンプルのヘッドをクラフトマンに教えてもらいながら、初めて組み立てた愛着のあるウェッジです。
「koshirae」のアルファベットをバックフェースに散らした、私だけの『松』ウェッジです。
※性能は、販売しているコシラエ『松』ウェッジと変わりません。
実際に苦手な雨のラウンドで、アプローチがどうだったかというと
続きを読む

珍しい!マッスルバックアイアン型ネームプレート

キャディバッグを購入すると、ほとんどの商品に元々付属されているネームプレート。
当店で、扱っている商品にはこんなかわいらしいネームプレート?も扱っております。
ミニマッスルバック型のネームプレートです。

20150209-095137.jpg

当店オリジナル商品である、コシラエウェッジでお世話になっている、藤本技工さんで受注生産で作っていただいています。
アイアンの金型を小さくしているので、実際に使用しているアイアンヘッドと同じです。
ヘッドの重量もミニチュアながら、とても重量感を感じます。
実際にコシラエウェッジと並べてみても、とてもミニチュアでかわいらしい作りとなっています。 続きを読む

PGAショーレポート~ベン・ホーガン~

PGAショーレポート~ベン・ホーガン~

なにやら懐かしく、見覚えのあるロゴが目立つブースにやってきました。

DSC_1628

かなり大きなスペースで展開されていた『ベン・ホーガン』です!

ベン・ホーガンといえば、数10年前までキャロウェイ傘下でクラブやウェアを展開していましたが、今回は心機一転、キャロウェイとは離れて、またクラブを発売することになりました!

DSC_1618

形状はクラシカルなシルエットのマッスルバックアイアンのベン・ホーガンFT・WORTHアイアンです。
揃いのウェッジ、TKウェッジも発売となります。
バックフェースの中央部が少しキャビティのようにへこんでおり、これが今までの
マッスルバックのアイアンよりもやさしく打てるようになっているようです。

実際試打をしても、難しいという感じはなく、打感のいい、打っていて気持ちが良いクラブに
仕上がってます。このPGAショーで初めてお披露目されました!

これから発売日や、日本での展開があるかなど発表されていくと思います!お楽しみに♪

試打の様子はこちらから↓↓↓

◆PGAショー2015の様子は、アトミックゴルフTVから⇒『アトミックゴルフ PGAショー2015レポート』

伝説の名器、TN-87の復刻版が店舗に届きました。

ミズノゴルフは2015年で、ミズノプロシリーズのアイアン発売35周年を迎えます。

それを記念して、往年の名器と今も言われ続けている『TN87』モデルの復刻版を完全予約受注品といった形で発売となりました。

予約期間は2014年の6月25日から7月31日で受付は終了し、商品は2015年1月に納品するということで今回店舗に商品が届きました!

20150120-131924.jpg

MP-4と撮り比べてみました。
ここ5、6年前から、MPシリーズにランバードロゴが付いた状態での発売となりました。
ランバードマークが定着したのもあり、TN-87のシンプルなMのみが新鮮な感じがします。
あと、Mizuno Pro の筆記体ロゴが懐かしいです!

20150120-131937.jpg

次に番手ロゴを撮り比べてみました。
MPシリーズのは数字が細いのに比べ、TN-87は数字が太めになっています。
現在のJPXシリーズも数字は太めだったはずなので、同じ番手刻印なのでしょう。

20150120-131947.jpg

次は、グリップです。
現在のMPシリーズはM31グリップを純正グリップとして販売されています。TN-87当時のグリップは、スイングライトコードアクア(限定復刻モデル)グリップでした。
このグリップもよく見たグリップでしたが、今はもう販売もされていないレアなグリップです!

20150120-135211.jpg

ホーゼル部分と、ソケット部分にはロットNOとシリアルが刻印されています。
ソケット部分には、少し前のモデルまであったような気がしましたが、いつの間にか見かけなくなりました。
TN-87を見ていると、『あー、昔のミズノプロのアイアンはこんな感じだった!』と懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか。

20150120-154531.jpg

 

箱も通常とは違う特別感があります。

セット構成は3I~SWまでの計10本となっております。

2セット限定ですので、ご興味のある方はお早めに!

 

ミズノTN-87(復刻版)のホームページはコチラ⇒『ミズノプロ TN-87 復刻モデル

TN-87商品ページはコチラ⇒『伝説の名器!TN-87アイアンセット10本組